2019年09月12日

FXなら



posted by srachai at 15:48| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

出会いはいつでも偶然の風の中 復縁屋

中学一年生のときにNHKラジオ基礎英語というのを聴き始めました。
担当は芹沢栄(せりざわさかえ)先生です。
それからすぐにNHKラジオ英語会話を聞き始めました。
担当は松本亨(まつもととおる)先生です。
松本亨先生を10年間聴き続け、後任の東後勝明(とうごかつあき)先生を10年間聞き続けました。
この期間に大学受験を経験しましたが、英語だけは特別に受験勉強をしなくても、そこそこの点数は取れました。
その時身に着けた英語力が、その後の私の人生を支えることになりました。
そこで学んだことがあります。
短時間でも毎日学習をつづけることの大切さを知りました。
「Think in English」 は恩師、松本亨先生の教えですが、英語のままで意味を理解しなさいということです。
その教えがどんなに役立ったかしれません。

私が高知大学に入学した時に小型のテレビを買ってもらいました。
理由は、テレビ英会話で英語力をさらに高めるためです。
夜の連続ドラマで「天まで届け」というのがありました。(浅丘ルリ子、石坂浩二主演)
その主題歌が、さだまさしさんの「天まで届け」です。
その歌い出しの部分が大変気に入っています。
「出会いはいつでも偶然の風の中、きらめく君、僕の前に、緩やかに立ち止まれ・・・」
人の出会いとは、まさにこの歌詞のとおりではないかと実感する今日この頃です。
私は45歳で離婚を経験、50歳まで二人の息子たちが成人に達するまでひたすら送金を繰り返すだけの淋しい人生ではありました。
二人の息子たちへの送金期間が終了してから、自分の年を勘定したら、もうすでに50歳になっていました。
私は何とかしてこのむなしい人生と決別できないものかと考えました。
で、会社を早期退職してから、失業保険給付の申請をする時間も惜しんですぐにタイ旅行に飛び立ちました。
タイ旅行は北のチェンマイから南のスンガイコーロクまで一年間にも及びました。

あるとき外国人観光客がまったくいないタイ東北部、チャイヤプーム県の片田舎を訪ねました。
プミポン国王の建設されたチュラポーンダムのほとりの小さな村です。
この村には、ホテルはおろかゲストハウスさえありませんでした。
私は、仕方なしに一軒の親切な農家に宿泊させてもらいました。
その農家には出戻りの娘が一人いましたが、その娘こそ現在の妻なのです。
以来十数年が経過して二人の娘たちという子宝にも恵まれました。

人の出会いとは、まさに、偶然の風の中での出来事です。
ひとたび出会ったら、もう今度は失敗は許されません。
天国に召されるまで、今の良い夫婦関係を保ち続けなければなりません。
それで、娘たちも幸せにすることができます。
そのためには、毎日の努力が必要です。
まるでばかげたようなお話ですが、一番大切なのは、毎日の愛の確認です。
夫婦関係でも、相手に愛情を感じることができなくなったら、それでおしまいです。

特に大切なのが、夫婦関係がギクシャクしてきた時に、早めに修復の手段を講じるということです。
日本には復縁屋というのがあります。
なんだか秘密めいて、怪しげなサイトの名称にためらいながら、サイトの奥まで覗いてみました。
予想に反して、復縁屋は、夫婦や恋人たちの関係がギクシャクしてきた時に、早めに修復の手段を講じてくれるという、きわめて真面目な探偵社でした。
わたしは数多くの復縁の成功例を読みながら、それをわたしの過去の姿と照らし合わせました。
胸が詰まって涙をこぼしました。
あのとき、復縁屋に復縁依頼をしていたら、いまも日本で幸せに暮らしていたことでしょう。
もう後戻りはできません。
若い人たちには、わたしの失敗を繰り返して欲しくありません。
復縁屋に支払う料金は、日本で弁護士を雇うよりも、はるかにお安いです。
夫婦や恋人たちの関係がギクシャクしてきた時には、復縁屋へ、まず無料相談してください。
無料相談したからといって、かならず復縁の仕事を依頼しなければならなくなるということではありません。
無料相談だけで、解決できる場合さえあります。
わたしは、若い人たちに、こころより、復縁屋 のご利用をおすすめします。

posted by srachai at 19:09| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

ベストジャパンカジノ

正直に話しますが、カジノに関しては、私は実際(本物)のカジノしか体験がありません。
仕事でスリランカに3年ほど赴任させられた期間ですが、コロンボのインターコンチネンタルホテルのカジノで週末を楽しく過ごすことができました。

高級洋酒が飲み放題なので酒好きの私としては、あそこは天国だったのです。
カジノはたくさん種類が揃っていましたが、私が手を染めたのはブラックジャックとルーレットだけです。

ブラックジャックは相性が悪くって勝った試しがありませんでしたが、酔っぱらっていてもルーレットで稼ぐことはできました。

赤黒、または偶数奇数の一発勝負です。

勝つ秘訣は、ルーレットのディーラーが玉を放り込んだ直後、ノーモアベットのかけ声がかかりますが、かけ声と同時に貼っている場所を変更するのです。赤だったら黒に、偶数だったら奇数に変更します。

この手で大抵酔っぱらっていても収益をあげることができました。

世の中大変な様変わりですね。
自宅に居ながら、インターネットでカジノができる時代となりました。
本物のカジノとまったく同じように、お金を掛けてカジノが楽しめるのです。

ベストジャパンカジノ ではインターネットを利用して、様々なカジノゲームがまるで本物のカジノのように楽しめるオンラインカジノサイトを広く紹介しています。

サイトで調べたかぎりですが、今の世の中、オンラインカジノサイトで溢れています。
有名なものを列記すれば、インペリアルカジノ、ジパングクラブ、777Babyカジノ、パーティーカジノ、ジャックポットシティーなどがあります。

カジノは楽しいです。多分お金を掛けているからですね^^。
posted by srachai at 20:54| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

サーバーなら



posted by srachai at 14:09| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レゴブロ



posted by srachai at 13:58| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

無料が一番です

(1) こちらは無料で使えます
2018ロシアワールドカップの全部のスケジュールと最新情報

(2) こちらはペイパルで10ドル送金すれば10ドルのボーナスがもらえます(無料にちかい)


(3) こちらは日本人に最適です(日本語サイトが充実している)
ベストジャパンカジノ
posted by srachai at 09:43| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

ジパングカジノ for Android

タイのスラチャイです。私は、40歳のときに、日本の政府開発援助プロジェクトでスリランカに派遣され、そこで数年間を過ごしました。コロンボから500キロも離れた僻地での勤務はかなりストレスフルでした。一カ月に一度だけ3日間の連休を与えられた我々は、狂ったようにコロンボを目指しました。お目当ては、コロンボのファイブスターホテル、インターコンチネンタルホテルで毎晩開催されている、カジノ。

ここは、コロンボでもお金持ちの上流階級が集まる場所で、日本人といえども、ビーチサンダルや短パンなどの軽装では、入場を許されません。スラチャイはブラックジャックとルーレットをやりました。このカジノでは、高級スコッチウイスキーや高級ブランデーが飲み放題で、ついつい飲み過ぎることが多かったです。

ブラックジャックはディーラーの女性との一騎打ちが多かったのですが、セクシーなディーラーの胸元を眺めながら、ブランデーで盛り上がるころには、判断力も低下。勝った記憶がありません。やはり、私には、酔っぱらっていても、運だけで勝てるルーレットが向いていました。赤、黒あるいは偶数、奇数で一発勝負。 コツはノーモアベットのかけ声と同時に、掛ける場所を、掛けている位置の反対側へ移すのです。

この手で大抵勝ちました。でも、この手法は、かなりみっともないので、あまりお勧めはできません。そういうわけで、ブラックジャックとルーレットは大好きです。サイトで、カジノに出かけなくとも、ネットでカジノ遊びができるのを知り、驚かされました。
それは、ジパングカジノです。誰でも簡単に登録することができ、初回のお金を支払えば、それで、すぐに遊ぶことができます。うれしいのが初回入金に対するボーナスが100%です。ペイパルなどを利用すれば簡単に送金ができてしまいます。


posted by srachai at 13:18| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

オンラインカジノ

四十歳を越したばかりの時スリランカの大きな灌漑プロジェクトを担当しました。工事の着工から工事竣工まで6年間を要しました。この長きにわたりプロジェクトを完成するためにひたすら我を忘れて一生懸命に働きました。 プロジェクトはコロンボから西側へ300 km ぐらい離れたジャングルのなかにありました。マハベリ川が流れ、近くには仏陀の遺骨が納められている寺院のあるマヒアンガナがありました。

一か月に一度だけ休みがあり、マヒアンガナのジャングルを抜け出して、コロンボにお出かけして、疲れた体と心を癒しました。唯一のお楽しみがカジノ遊びです。コロンボ市内にはインターコンチネンタルホテルがあり、ホテル内で、合法でカジノ遊びができました。私はこのカジノ遊びにすっかりはまってしまいました。

人間には闘争本能というものがあります。カジノ遊びをするということは、闘争本能をむき出しにするということにほかなりません。 私が遊んだのはルーレットです。トランプを使ったブラックジャックなどもよくやりました。 いずれの場合もディーラーと一対一の駆け引きがたまらない魅力でした。インターコンチネンタルホテルのカジノには高級洋酒が飲み放題のサービスがついていました。お酒の大好きなわたしにとってそこはまるで天国でした。

あのときカジノで遊んだ経験がもととなって、日本でたくさんのオンラインカジノの原稿を書きました。どの原稿も著作権はわたしに属しています。まとめてブログにしましたので興味のある方はどうぞ読んでみてください。

オンラインカジノ

posted by srachai at 21:18| Comment(0) | ●アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日