2009年02月08日

織田信長

戦国・安土時代の武将織田信長(1534-1582)は功業半ばにして明智光秀のため本能寺で自刃したが、辞世の舞「敦盛」は今でも人々の心を打つ。

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり、ひとたび生を得て、滅せぬもののあるべきや、滅せぬもののあるべきや」

本当にその通りだと思います。
一日いちにち、精一杯生きないと、もったいないですね。
落ち込んでいる暇はない!
と、自分自信を鞭打っているスラチャイではあります。
posted by srachai at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ○エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック