2008年10月01日

大阪個室ビデオ店火災

(Mainichi Japan) October 1, 2008
Fifteen killed, 10 injured in fire at Osaka video shop
個室ビデオ店火災:15人死亡 放火で男客に逮捕状 大阪

OSAKA -- Fifteen people were killed and 10 others injured in a fire at a video shop here in the early hours of Wednesday, police said.

The fire broke out at Video DVD Cat's, on the first floor of a seven-story building in Naniwa-ku, Osaka, and burned 37 square meters of the establishment, according to investigators.

Fifteen men, believed to be customers, were found dead in individual video rooms. Ten other men and women were injured, some seriously.

The shop manager was quoted as telling police that the fire started in one of its 32 individual rooms, each equipped with a bed and a television set. At the time, there were 26 customers and three employees on the premises. Most of the customers were apparently asleep.

"Shortly after 2:30 a.m., I smelled something burning, and opened the door to find the corridor filled with smoke. It was dark, but I managed to get out of the shop after bumping into a few people," said one customer. "I was just about to go to bed. It's horrifying to imagine that I would have died if I had fallen asleep."

Local police are trying to identify the victims, and are investigating the cause of the blaze.


毎日新聞速報(日本語オリジナル版)↓

個室ビデオ店火災:15人死亡 放火で男客に逮捕状 大阪

 1日午前2時55分ごろ、大阪市浪速区難波中3の雑居ビル「檜(ひのき)ビル」(鉄筋コンクリート造り7階建て)1階にある個室ビデオ店「ビデオDVDキャッツなんば店」=島本和典店長(32)=から煙が出ているのを店員が見つけ、119番通報した。大阪市消防局によると、同店約220平方メートルのうち約40平方メートルが焼け、約5時間半後に鎮火した。この火事で同店の男性客15人が死亡、男女10人が重軽症で、うち3人が重症という。死因はほとんどが、一酸化炭素中毒とみられる。大阪府警捜査1課は、業務上過失致死傷などの疑いもあるとみて浪速署に捜査本部を設置。死亡者の身元確認を急ぐとともに、出火元の部屋にいた40歳代の無職の男が火をつけた疑いが強まったとして現住建造物放火、殺人、殺人未遂容疑で逮捕状を取った。総務省消防庁も職員7人を現地に派遣した。

 同課や大阪市消防局によると、店内にはビデオを観賞する部屋が32室あり、出火当時は客26人と店員3人がいた。店長は「このうちの1室から出火した」と話しているという。

 出火元の部屋にいた男にけがはなかった。店内にいた客によると、店側の避難誘導はなかったという。

 店は24時間営業で、1〜2畳ほどの個室にはDVDデッキや簡易ベッドなどがある。終電に遅れるなどしてホテル代わりに利用する客も多かった。出火当時は客の大半が眠っており、逃げ遅れて煙に巻かれたとみられる。死亡者のほとんどが部屋で見つかり、数人は通路で倒れていた。

 仮眠のために同店を利用していた兵庫県伊丹市の男性会社員(37)は「午前2時半過ぎに何かが燃えるようなにおいがした。『何やこれ』という声がして、個室のドアを開けたら煙が充満していた。真っ暗で、廊下で2、3人にぶつかりながら外に出た。火は見なかったが、煙がすごく、店を出た直後に『ジリジリ』と火災報知機が鳴った。眠っていたら死んでいたのかと思うとぞっとする」と唇を震わせた。

 現場は南海難波駅南西約100メートルの雑居ビルなどが建ち並ぶ地域。消防車など40台が出て、一時は騒然となった。

 「キャッツ」運営会社のホームページによると、同社は大阪で4店、京都、神戸で各1店の計6店を展開。なんば店の利用料金は1時間500円、午後11時から午前10時までのナイトコースは1500円。

 大阪府警保安課によると、個室ビデオ店はアダルト作品を主に貸し出している場合は風営法の該当施設となる。警察庁の運用基準では、アダルト作品が7、8割以上を占める場合は店舗型性風俗特殊営業と判断され、管轄の警察署への届け出が必要。ただ、大阪府内で届け出のある店は3店(8月末現在)のみで、キャッツなんば店は届け出がなく、府警は実態を調べる。

 大阪市消防局が昨年5月、同店を立ち入り検査した際、報告漏れなどの不備はあったが、消防法上の重大な違反はなかったという。同局は1日、市内約50カ所の個室ビデオ店、約350カ所のカラオケボックス店などの緊急立ち入り検査を始める。

毎日新聞 2008年10月1日 5時09分(最終更新 10月1日 14時06分)
posted by srachai at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ●英字速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック